サラ金 返済

サラ金返済で泥沼になってしまったら

サラ金の返済って本当に大変。お金がないから借りているわけで、そもそも普通にやっていたら返せるわけないんですよね。

 

サラ金を借りずに生活することすら難しくなっている状況と思います。そういう感覚になってしまっていると、返済する生活スタイルには戻れなくなっています。

 

だからまずはサラ金返済の無料相談を受けてみることをお勧めします。

 

 

サラ金 返済

 

相談することによって、本来必要ないくらいの借金の過払いが発生しているかもしれませんのでまずはその過払い分を請求できるかもしれません。

 

また、任意整理などの方法によって、できる限り普通の生活を営みながらコツコツ返済していける方法を親身になって考えてくれたりします。

 

誰かに悩みを聞いてもらうとほんとにホッとします。しかも返済できるように自分に合った方法まで考えてくれるわけですからね。

 

取り立てが怖かったり、職場に電話が来るのが嫌だったりしませんか?
そんな取り立てもすぐに止めてもらうこともできますよ。

 

僕はほっとしたのと、うれしかったので泣いてしまいました。
あなたも楽になりませんか?

 

まずはこちらでサラ金返済のシュミレーションをしてみましょう。
どのくらい借金を減らせるかわかりますし、その後あなたの情報からどこに相談するのが最適なのかも教えてくれます。

 

もちろん無料で相談できるので気負いなくやってみてください。簡単な質問に答えるだけなのですぐできますよ。

 

 

サラ金返済のために副業をしました

 

本業だけの収入だけではサラ金返済はできなかったので、副業をやりました。

 

 

サラ金返済

 

経済的には初めは楽になりました。
しかし、体力的にかなりきついものがありました。
本業も副業も肉体労働だったので、体力回復のために、休める時はほとんど寝ていました。

 

そのうち夜、布団に入る時は気絶するような感覚に変わっていきました。
どこかに座るだけで眠くなります。

 

しかし、身体が動かないと仕事にならないので、大変でした。
寝不足のせいか、ぼーっとしていて頭を打って、怪我をしたこともありました。

 

結局、副業をやったので時間が無くなってしまい、体力の回復にも時間を割くようになり、またかなりの食事の量になっていきました。
その結果、出来合いの食べ物を買うことが多くなりました。
食費が多くかさみ、副業で稼いだ分はそれに流れていきました。

 

 

サラ金返済方法

 

初めに考えていたサラ金の返済は新たな借金を生み、結果この副業作戦は上手くはいきませんでした。
肉体労働とデスクワークの両方で仕事をすればよかったと思っています。

 

 

クレジットカードの月々の返済が出来ずに苦労しました

 

私は、月々のクレジットカードの返済にとても困った事があります。クレジットカードの使い道は、日々の食費などの生活費や、急にお金が必要になった時のキャッシングです。

 

最初は夫の毎月の給料でやりくりできる範囲だったのですが、最近の不景気で夫の給料が徐々に減り、生活も苦しくなっていきました。次第に生活費の赤字をキャッシングで補うようになり、月々の返済もリボ払いを利用するようになりました。

 

暫くすると、月々の支払い金額が増えていき、返済してもなかなか払い終わらないと言う悪循環になっていきました。私も仕事をし、何とか返済にあてようと努力しましたが、キャッシングで使ったお金はなかなか減ってくれずとても大変でした。

 

サラ金 返済

 

月々の返済額が家計を圧迫し始めた頃、これではいけないと思い思い切って親にお金を貸してもらう事にしました。親にはだらしのない面を見せたくなく、なかなか言い出せませんでしたが、貸してもらったお金でリボ払いになっていた分を一括返済し、何とか生活できるようになりました。

 

それから親に立て替えてもらったお金を返済し、節約生活を送っています。これからはしっかりと家計を管理し、お金を借りる事のない様に努めたいと思います。

 

 

サラ金の返済で苦労したこと

 

小遣いが足りなくなって、ついにサラ金に手を染めてしまいました。最初は5万円くらいでした。
その頃はアルバイトで給料5万円くらいもらっていましたので、何とかなるだろうと構えていました。
そして給料をもらうと、いったん返済。

 

また給料前になると、また借りることの繰り返しです。
このようなことを3年以上続けていました。
そのうちにサラ金もだんだん膨らんでいって、給料では返せなくなってきました。
これで結構あせりましたね。

 

 

サラ金返済で苦労

 

その後30万円くらいになってしまいました。
結構節約して、返済に回しました。
それでも追いつきませんでしたね。
悪いことに70歳を超えたときに、アルバイトも首をきられてしまいました。
もうアルバイト料も入ってきません。
それでサラ金へは年金から少しづつ返していました。
そしたら、今度はカードローンが歳で打ち切りになってしまいました。
カードローンに歳があるとは思わなかったので、びっくりしました。
仕方がないので、一括で返済しました、

 

その分、カミさんからの借金に変わりました。
その額20万円。
いまは年金の小遣いから1万円づつ返済中です。
もう昼食代もけちり、喫茶店もいきません。
たまに表に行っても、コンビニでのオニギリかパンで昼食に替えています。
非常に苦しい展開です。窮乏生活です。
あと1年くらいかかるでしょう。